化粧品の成分

配合成分を確認していますか?

オーガニックコスメ、成分イメージ

ある調査では化粧品に配合されている全成分が記載されるようになり成分を意識するようになった人は37%増というデータがあります。

 

書かれている配合成分には、聞き慣れない文字が並びます。大部分は化学的な成分です。つまり、

 

「訳の分からない化学的成分を肌にすりこんでいる」

 

ことになります。そう考えると、怖くなりますよね。

 

化学の分野では、石油という資源を得て、めざましい進歩を遂げてきました。
生活が豊かになって、便利になりました。
反面、化学物質による害も出ています。

 

たとえば、ある食品を食べ続けた結果
化学物質が体の中に蓄積されていき、ホルモン的な体質異常を起こしたり…
肉眼では確認しづらい物質は、目に見えないうちに進行していくものだと
思い知らされる話でした。

 

それは食品だけではありません。化粧品とて同じです。
敏感肌の人は、かゆみや痛みを伴う湿疹などの症状が出て
早い段階で肌が異常に気づいてくれます。

 

でも、どんな化粧品にもカブれたことがないという肌の強い人は
肌の奥からの悲鳴に気づくことはありません。
その声が、まだ表面にまで届いていないだけなのです。

 

いい機会です。
化粧品の成分について、もう少し考えてみませんか?


おすすめ記事だよ


当サイト人気記事一覧
自然派化粧品 オーガニックコスメが初めての方には、断然コレがオススメ!
数あるオーガニックコスメ。
初めての方・初心者の方はどれがいいのか?迷いますよね。
初めての方にオススメしているのは⇒⇒⇒オラクル
格安で、「メイク落し」から「目元用美容液」まで試せます。
使ってみないと分からない植物の力
入門としては最適です!
この機会に植物コスメデビューしてみませんか?
ミネラルコスメ オーガニックを愛するあなたを魅了する要素がギッシリ!
天然の鉱物を主原料としたミネラルコスメ。
防腐剤や香料・オイル・タルクなど化学原料は使われてません。
自然な肌呼吸を邪魔せずに
肌に負担をかけない安心して使える化粧品です。
軽いのに驚きのカバー力。
乳幼児のお子さんがいる方、敏感肌の方に
お薦めのミネラルファンデーションは⇒ミネラルファンデ
ムダ毛処理 「剃る」でもなく「抜く」でもない「抑える」というムダ毛処理
面倒なムダ毛ケア。どうしてます?
イヤな臭いやベタつきもなく、す〜と肌になじんで
サラっとした使い心地と口コミで評判の
天然成分だけで作られているムダ毛ケアローションを紹介します。
お肌もすべすべに。
累計販売数150万本以上。とっても売れています。
詳細はコチラ⇒抑毛でムダ毛ケア
アンネマリー・ボーリンド、トライアル アンネマリーボーリンド・ベーシックスキンケア、トライアル
1、生活スタイルの変化で肌荒れしやすい
2、毛穴が目立ち、目元口元はカサつく
3、乾燥が気になる
4、年齢による肌サインが目立ってきた
5、肌を活き活きと美しく保ちたい
お肌の悩み別に5種類のトライアルセット
詳細はコチラ⇒アンネマリー・ボーリンド

化粧品の成分解説記事一覧

界面活性剤とは、本来混ざり合わない「油」と「水」を混ぜ合わせる働きがある成分です。天然成分を主に作られた石鹸も、「界面活性剤」には変わりありませんが、なぜ「合成界面活性剤」が危険なのでしょう?「合成界面活性剤」が危険なのは高い毒性高い浸透性高い残留性を持つことだといわれています。石鹸には肌のバリア機能を壊す作用が弱く、タンパク質変性(細胞破壊)の心配がないとされています。でも合成界面活性剤は脱脂力...

特に避けたい防腐剤・その他メチルクロロイソアゾリノン(防腐剤)・・・発がん性が認められるとの報告ありエデト酸塩(変質防止剤)・・・刺激性が強く、アレルギーなどの原因になるというパラベン(パラオキシ安息香酸エステル類)(殺菌防腐剤)・・・アレルギーの原因となるともプロピレングリコール(保湿剤)・・・皮膚炎や内臓への傷害、染色体異常の報告ありタール系色素(着色剤)・・・発がん性、黒皮病、アレルギーなど...

旧表示指定成分の表示が義務付けられていたのはそれらの成分には人体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。でも、今では全成分を表示しなくてはならなくなりました。皮肉にも、全成分表示によって「どれだけ体に悪影響を及ぼす可能性のある成分が入っているのか」パッと見、分からなくなってしまいました。例えば、どんな悪影響を及ぼす可能性が指摘されているかというと毒性の強いもので、染色体の変異を起こす可能性や動物実験...