合成界面活性剤の危険性

危険な合成界面活性剤

危険な化学物質

界面活性剤とは、本来混ざり合わない「油」と「水」を混ぜ合わせる働きがある成分です。
天然成分を主に作られた石鹸も、「界面活性剤」には変わりありませんが、なぜ「合成界面活性剤」が危険なのでしょう?

 

「合成界面活性剤」が危険なのは

  1. 高い毒性
  2. 高い浸透性
  3. 高い残留性

を持つことだといわれています。

 

石鹸には肌のバリア機能を壊す作用が弱く、タンパク質変性(細胞破壊)の心配がないとされています。でも合成界面活性剤は脱脂力がとても強く、簡単に肌のバリア機能を壊し、他の化学物質を体内に浸透させてしまうのです。残留性が高いというのも、肌に残るということですから問題です。

 

このようにとっても危険な合成界面活性剤ですが、中でも特に避けて欲しい成分は

  • ラウレス硫酸Na(SLS)
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウリン酸○○
  • コカミドDEA
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
  • キシレンスルホン酸アンモニウム
  • パレスー3硫酸Na
  • パレスー3硫酸アンモニウム
  • スルホン(スルフォン)酸Na
  • ステアリン酸グリセル
  • アルキルエーテル硫酸ナトリウム

などです。

 

これらの成分は人体への毒性がかなり強く、警戒しないといけない成分です。
バリア機能をいとも簡単に破壊。血液にまで侵入してきます。
アトピーやアレルギーだけでなく、発がん性まで報告されているものもあります。

 

ラウレス硫酸Na(SLS)、ラウリル硫酸Naなどは、よくシャンプーやリンスに配合されています。一度あなたがお使いのシャンプーやリンスも確認してみてくださいね。
成分表示は配合量の多いものから表示しますが、上記の成分が2番目くらいに来ていることが多いんですよ。知ってしまうと、ビックリですよね。

 

これほど危険性の高い成分なのに、日本の法律では許可されています。
だから、自分たちの身は自分たちで守るしかありません。
商品を購入する際は十分に注意しましょう。

 

 


おすすめ記事だよ


当サイト人気記事一覧
自然派化粧品 オーガニックコスメが初めての方には、断然コレがオススメ!
数あるオーガニックコスメ。
初めての方・初心者の方はどれがいいのか?迷いますよね。
初めての方にオススメしているのは⇒⇒⇒オラクル
格安で、「メイク落し」から「目元用美容液」まで試せます。
使ってみないと分からない植物の力
入門としては最適です!
この機会に植物コスメデビューしてみませんか?
ミネラルコスメ オーガニックを愛するあなたを魅了する要素がギッシリ!
天然の鉱物を主原料としたミネラルコスメ。
防腐剤や香料・オイル・タルクなど化学原料は使われてません。
自然な肌呼吸を邪魔せずに
肌に負担をかけない安心して使える化粧品です。
軽いのに驚きのカバー力。
乳幼児のお子さんがいる方、敏感肌の方に
お薦めのミネラルファンデーションは⇒ミネラルファンデ
ムダ毛処理 「剃る」でもなく「抜く」でもない「抑える」というムダ毛処理
面倒なムダ毛ケア。どうしてます?
イヤな臭いやベタつきもなく、す〜と肌になじんで
サラっとした使い心地と口コミで評判の
天然成分だけで作られているムダ毛ケアローションを紹介します。
お肌もすべすべに。
累計販売数150万本以上。とっても売れています。
詳細はコチラ⇒抑毛でムダ毛ケア
アンネマリー・ボーリンド、トライアル アンネマリーボーリンド・ベーシックスキンケア、トライアル
1、生活スタイルの変化で肌荒れしやすい
2、毛穴が目立ち、目元口元はカサつく
3、乾燥が気になる
4、年齢による肌サインが目立ってきた
5、肌を活き活きと美しく保ちたい
お肌の悩み別に5種類のトライアルセット
詳細はコチラ⇒アンネマリー・ボーリンド

合成界面活性剤、危険な化学合成成分関連エントリー

防腐剤・その他、危険な化学合成成分
特に避けたほうがいいと思われる防腐剤や着色剤などをあげてみました。アレルギーの原因になると言われているもの。発がん性、黒皮病、皮膚炎や内臓への傷害、染色体異常の報告があるものなど。
旧表示指定成分
表示指定成分とは、厚生省が薬事法に基づいて、化粧品などに表示を義務付けた成分のこと。今は全成分の表示が義務付けられています。そのため、「表示指定成分」は廃止されました。だから、以前「表示指定成分」と呼ばれていたものが、今は「旧表示指定成分」と呼ばれています。